歯医者で行える多くの施術|マウスピース制作もできる

パーツの選び方

歯型

インプラントの部品を選ぶときには、審美性や機能性を考えることができます。審美性の高いものとして、京都でもジルコニアボンドと呼ばれるパーツは人気です。これは自然な歯に合わせて色を調整することができます。

More Detail

目立たない素材

歯型

矯正歯科では目立たない矯正器具による施術が行なわれていますが、府中でも人気です。外側に器具をつける場合金属だと目立ちやすいものですが、白い部品や透明なものを使用して目立たなくします。

More Detail

初診の場合

白い歯

最初に予診表に詳しく症状を記入することで、横浜の歯医者が症状を判断しやすくなります。どの歯がどういった症状が出ているのか、いつから感じているのかなど、気になることはどんどん記入しましょう。

More Detail

自分の歯に合わせる

白い歯

麻布十番にある歯医者では、悪くなった歯の治療の他に、スポーツ用のマウスピースを制作しています。マウスピースというのは歯にはめるプラスチック製のものですが、これをはめてスポーツを行なうことで歯を保護することができます。ボクシングなどの頭部を危険に晒すスポーツの場合、マウスピースをつけずに行なうと歯を失う危険性がありますし、顎の骨が歪むことや脳へも悪影響を及ぼすかもしれません。それを予防するために歯医者でスポーツ用のマウスピースを作ってもらいましょう。マウスピースは麻布十番にあるスポーツ用品店で購入することも可能ですが、販売されているものは誰でも装着できるように設計されたものなので自分にぴったりなものではありません。つけずにスポーツを行なうよりは歯を守ることができますが、口内に合わないものでは使用中にずれることや痛みがでることがあります。麻布十番の歯医者ではその人に合わせたマウスピースを作ることができるので、市販されているものより値段がかかる場合でも作るようにしましょう。
マウスピースの価格はその種類によって変化します。一番価格が安いものは一層構造と呼ばれるもので、麻布十番では5000円ほどで制作することが可能です。一方二層構造になっているものは衝撃を吸収する力に優れていて、安いもので8000円から歯医者で作ってもらえます。その二層構造になったものの中でも色の使い方によって値段が変わりますが、ラメが入ったものやカラフルな色の特殊色では10000円かかります。歯医者で制作するマウスピースと聞くとシンプルで格好良くないものを想像する人も少なくないですが、色やデザインを豊富に取り揃えています。

Copyright © 2016 歯医者で行える多くの施術|マウスピース制作もできる All Rights Reserved.