歯医者で行える多くの施術|マウスピース制作もできる

初診の場合

白い歯

横浜で初めて行く歯医者の場合、医師と対面するまえにまずは受け付けで予診表に記入していきます。虫歯の治療を行ないたいのか親知らずを抜きたいのか、どこの歯が気になっているのかなど詳しく記入していきます。痛みがあるのかということや、その強さ、いつから違和感を感じ始めたかなどなるべく具体的に書きましょう。よく分からないという場合や、いつも痛むわけではないときでも、何か思ったことがあれば記入することが大切です。横浜にいる人によっては歯医者に直接話すのは苦手だということや、緊張して伝え忘れてしまうこともありますが、事前に落ち着いて記入した予診表を見ることで歯医者が症状を把握しやすいです。予診表の記入が終わった後には、それを元に横浜の歯医者が問診を行ないます。予診表に書いてあることを確認していき、何が疑わしいのか、どういった検査や治療が必要なのかについて知らされます。問診によって症状の原因がいくつか絞れたら次にレントゲン撮影を行なって歯の状態を具体的に調べていきます。外側から見ただけでは歯の内部がどうなっているのか分かりませんが、横浜ではレントゲン撮影を行なうため見えない部分まで正確に把握することが可能です。レントゲン撮影では顔の周りをぐるぐると機器が回って、立体的な歯の展開図のような写真を撮ることができます。内部が分かるとはいえレントゲン撮影は平面的に写すものなので、親知らずなど内部が複雑になっている場合は更にCTスキャンを行なうことがあります。CTスキャンでは内部を立体的に写すことができるので、親知らずが神経の近くにないかということも調べることが可能です。

Copyright © 2016 歯医者で行える多くの施術|マウスピース制作もできる All Rights Reserved.