歯医者で行える多くの施術|マウスピース制作もできる

目立たない素材

歯型

矯正歯科で取りつける矯正器具は金属製のもので目立つというイメージがある人は府中にも多いです。しかし最近ではその器具が目立たないような工夫が多く開発されています。一般的に矯正歯科で行われる施術方法はブラケット矯正と呼ばれるもので、歯の外側に金属を固定するというものです。外側に取りつけるため口を開けたときに周りの人から矯正していることを気づかれやすいという特徴がありますが、そのときに用いる機器を工夫することで目立たせなくすることができます。金属ではなくプラスチックやセラミックを用いて白いワイヤーを使用することで外側につけていても気づかれることは少なるため府中でも人気があります。
ブラケット矯正で部品に工夫をする他にも、府中の矯正歯科では裏側矯正と呼ばれるものが人気です。裏側矯正と呼ばれるものは、歯の裏側に器具を取りつけて矯正を行なうもので周囲から見えないというのが特徴です。しかしここで気をつけないといけないことは、裏側矯正はブラケット矯正よりも矯正する力が弱いため難しい症例には向かないということです。府中にいるどんな人でも裏側矯正を行なうことは可能ですが、その効果は出にくいかもしれません。症例が難しい人以外にも、どの施術を受けるか考えるときにはブラケット矯正との違いを把握しておくことが大切です。裏側矯正の場合は舌に器具が当たりやすいので違和感が強いことや、発音を妨げる可能性がありますし、ブラケット矯正よりも長い期間が必要で費用がかかります。透明な器具でも外側につけるのが嫌だという場合には裏側矯正が適していますが、どの方法がいいか迷っている場合には矯正歯科で相談しましょう。

Copyright © 2016 歯医者で行える多くの施術|マウスピース制作もできる All Rights Reserved.